世界とレモン

アイドルのすべてをまるっと愛したい。

関ジャニ∞丸山隆平の人間性に惚れた話

 

そういえば忘れた話を書き起こしておきたいと思います。年末年始とても素敵な思い出になったカウントダウンコンサートの時のお話です。

 

2016年12月31日という日は私にとって、多くの人にとって、いつもの大晦日とは確実に違う最後の日だった。この日が一生訪れなければいいのに、と大げさに言うと、思った。そう。その日がこの世界にSMAPという偉大なアイドルグループが存在する最後の日になるからだった。

 

そんな日を私は同時に楽しみにしていたのだ。可笑しな話だ。矛盾している。私がその日を楽しみに思ってしまうのには理由があった。それは毎年恒例のイベントである、カウントダウンコンサートに当選したからだった。ジャニオタの私にとってカウコンに行けるのはこの上なく嬉しいことである。

 

SMAPが解散するということは私にとっては大きいことだった。大きいことだけれど小さいことだった。解散報道がされたときとても驚いた。信じられなかった。でも、SMAPがなくなってしまうからといって、世間はたいしてかわらない。世界が終わる訳でも、日本が終わる訳でも、学校がなくなる訳でも、バイトがなくなる訳でも、課題の締切日が伸びる訳でもなかった。周りが何も変わらず動き続けるのなら、私も何も変わらず動き続けるしかなかった。でもそこには確かに悲しみが漂っていたのだった。

 

SMAPは私が生まれたときにはすでにあって、物心ついた頃にはすごい人気を博してた。いつも当たり前のようにテレビや雑誌に出ていて、常にそこにあったのだ。特別意識したことはなかったが、私も当たり前のようにSMAPが好きだった。

 

12月31日。私はお昼頃にダラダラと起きてきて、天気いいなと思いながら、カウコンに行くための準備をしていた。今日でSMAPが解散するということがふと頭の片隅でチラつくのだ。それでも、せっかくのカウコンを存分に楽しむぞという気持ちが9割以上を占めていた。悲しい気持ちは忘れようと思っていた。実際、一緒に入る友人と会ってしまえば、楽しみ以外のことは忘れてしまった。そのまま会場入りして、カウコンが始まれば、カウントダウンが始まるのなんてあっという間で、楽しい時間はあっという間に過ぎていった。

 

フジテレビにて放送される本編が終わり、メインステージでみんなでMCで盛り上がった。一発芸合戦したり。最後はそれぞれグループごと一言づつ挨拶をすることになった。年長から順番に挨拶をしていった。3番目に岡本健一さんが挨拶をした。放送が終わってることを司会のTOKIOに確認して「サンキュー!SMAP!!!」と。V6の挨拶後にイノッチも「サンキューSMAP!」翼くんも「SMAPありがとう!」と言葉にした。私は堰を切ったよう泣いてしまった。やっぱり悲しかった。でも嵐の順番になって翔くんはその流れ断ち切った。嵐も言いたかっただろうけどきっと後の後輩のことを考えたんだろうなと思う。そして最後にTOKIOの長瀬くんから「SMAPありがとう!拍手〜!」と。涙が止まらなくなってしまった。会場にいる全員で大きな拍手をSMAPに送った。とてもしんみりしたラスト。順番にみんなありがとうと手を振りながら舞台裏にはけて行く。

 

そのときだった。最後の最後でステージから消えかけた丸山さんがMCの時に盛り上がった「水平線の向こうから〜」ってギャグで割り込んできて、それをメンバーにツッコんでもらって、すごい変な終わり方をした。それで私は涙流しながらすごい笑った。あ、この人は多分すごい優しい人だ、と思った。コンサートに来てくれたみんなに笑って帰ってもらいたいんだって、しんみりして終わるんじゃなくて、楽しかった思い出を残してもらいたいんだ、ってそんな想いを感じた。彼の最後のギャグに込めた想いを感じた。会場の空気がガラッと変わった。重たい空気がすっと消えて、とても幸せな空気になった。すごいなって思った。そんな気の使い方があるのかって。ただバカみたいにくだらないギャグをやってるんじゃないんだ、この人は。人を幸せにするギャグをやってるんだ、って思った。すごいあったかい人だ。惚れたよ。惚れてしまったよ。これぞエンターテイナー。かっこよすぎるじゃないか。丸山隆平